大会のご案内

第41回日本香粧品学会

メインテーマ:『色彩から考える香粧品学~色がもつ不思議な力と効果~』

日時:
2016年6月9日(木),10日(金)
場所:
有楽町朝日ホール
東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン 11F
Tel.03- 3284-0131
交通:
JR(山手線・京浜東北線)有楽町駅,東京メトロ(丸ノ内線・銀座線・日比谷線)銀座駅,
東京メトロ(有楽町線)有楽町駅 下車徒歩1~2分
メインテーマ:
色彩から考える香粧品学~色がもつ不思議な力と効果~
会頭:
五十嵐敦之(NTT東日本関東病院・皮)
副会頭:
田中 浩(日本メナード化粧品)
大会参加費:
会員(事前)10,000円/会員(当日)12,000円
非会員(事前)13,000円/非会員(当日)15,000円
学生(当日のみ・要旨集代込)2,000円(要学生証提示)
(予定)
懇親会:
2016年6月9日(木)18:00~
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル(会費 8,000円)(予定)
問合せ先:
日本香粧品学会大会事務局
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
Tel. 03-5389-6496 Fax. 03-5227-8632
E-mail. jcss-desk@bunken.co.jp

参加の申込方法

事前参加予約受付は終了しました。
当日参加の方は直接会場へお越しください。

会員申込

賛助会員申込

非会員申込

大会参加費:
会員事前10,000円(当日12,000円)
非会員事前13,000円(当日15,000円)
学生(当日のみ・要旨集代込)2,000円
参加予約:
原則として事前申込をお願いいたします。
申し込み受付後、請求書兼払込用紙を郵送いたします。
ご入金を確認後、会期2週間程前に講演要旨及び参加証を郵送いたします。
当日朝の受付は混雑のため開演までにご入場いただけない場合もあります。
予めご了承ください。
申込締切:
2016年4月19日(火)
2016年4月26日(火)まで延長
問合せ先:
日本香粧品学会大会事務局
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
Tel. 03-5389-6496 Fax. 03-5227-8632
E-mail. jcss-desk@bunken.co.jp

一般研究発表の申込方法

※発表申込は締切りました。

申込締切:
2016年1月15日(金)
2016年1月21日(木)まで延長
※これ以上の延長はございませんので、期限厳守でお願い致します。

一般研究発表申込受付期間
平成27年(2015年)12月7日(月)~1月21日(木)

募集テーマ:
香粧品科学の進歩向上に寄与することを目的とし、香粧品科学全般に関するもの。(注)以下に該当するものは対象としませんのでご注意願います。

(1) 外用以外の使用法
(2) 香粧品の範囲を超えた治療医薬品とみなされるもの

発表資格:
責任発表者(登壇者)は、本学会会員並びに賛助会員の所属社員に限らせていただきます。
新規入会を希望される方は下記サイトまたは学会誌「入会のご案内」を参照してください。
http://www.jcss.jp/about/join.html
  • 演者をやむをえず交代する場合には、共同発表者の中から代理を認めますが、非会員あるいは賛助会員所属でない場合には入会願います。また、速やかに大会事務局にご連絡ください。
  • 責任発表者(登壇者)は、ひとり1演題限りといたします。
採択について:
発表申込締切後に開催される大会運営委員会にて審議し、来年2月に通知申し上げます。

発表方式

1.発表形式:
1)口頭発表(講演時間8分、質疑4分の予定):24題を予定
2)ポスター発表:12題を予定
*エントリー時に、口頭発表、ポスター発表どちらかをご希望かご選択戴きます。 但し、最終的な採択は大会運営委員会の判断とさせて戴きます。
*大会運営委員会で審議した結果、発表形式を変更いただく場合は、採択結果と同時にお知らせします。
*ポスター発表は責任在席時間を設定いたします。
2.発表方法:
口頭発表の場合、液晶プロジェクターとWindows対応のパソコンを用意します。
*Macintoshを使用される方は、ノートパソコンをご持参下さい。
ポスター発表のサイズなどにつきましては、採択後にお知らせします。
採否に関する注意事項:
演題の採否に関する選考に当たっては以下の条件を考慮する。
  1. 手法、結果、および導き出される結論が不明瞭なものは採択しない。
  2. 明らかに商業目的と見なされる発表は認めない。
  3. 倫理的に十分配慮すること。
  4. 本邦における化粧品技術者会等の関連学会・研究会においてすでに発表した内容は原則的に認めない(未発表データを追加した場合はこれに限らない)。それ以外の学会・研究会で発表したものは可とする。
問い合わせ先:
第41回日本香粧品学会大会事務局
E-mail:jcss-desk@bunken.co.jp
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
(TEL:03-5389-6496 FAX:03-5227-8632)
※なるべくe-mailにてお問い合わせ下さい。
撮影、録音について
大会期間中は、全ての講演(一般研究発表演題、会頭講演、特別講演、シンポジウム含め)における写真撮影、録音を禁止と致します。
特許申請について
学会で公表しても特許申請の手続きができますが、当該例外規定の適用を受けるためには所定の手続が必要です。詳細は特許庁ウェブサイトの「発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための手続について」をご参照ください。
発表要旨集の発行日は、平成28年(2016年)5月27日の予定です。

プログラム

(2016.04.07)

今年41回目を迎える日本香粧品学会ですが、香粧品学と色は密接な関係にあるにもかかわらず、過去を振り返ってみると色をテーマに取り上げていることが少ないことに気づきました。

色は香りとともに化粧の重要な要素となっていることはいうまでもありません。
一方、皮膚科学においても色は重要で、皮膚科学の教科書を紐解くと色に関連した疾患名がたくさん出てきますし、正しい診断を導くためには色調の違いを詳細に観察する必要があります。
そこで今回は色にスポットを当て、「色彩から考える香粧品学~色がもつ不思議な力と効果~」というテーマとさせていただくことにいたしました。

香粧品にとって重要な色をはじめ、様々なテーマについて新しい香粧品を生み出すための議論の場を提供できればと考えております。
多くの方と会場にて意見交換ができることを楽しみに、お待ち申し上げます。

プログラム紹介

シンポジウム
肌や顔の見え方について、様々な分野の第一線で研究されている4名の先生方からその研究の内容をお話しいただく予定です。
その後、お話しいただいた先生方との総合討論を通し、肌や顔の見え方を科学的に理解するきっかけにしたいと考えております。

特別講演
色は眼を通して視覚として認識されますが、視覚情報は脳によって高度に情報処理されるといわれています。
特別講演では内川恵二先生に色彩と色覚メカニズムのお話を、北岡明佳先生には色関係の錯視についてのお話をいただく予定です。

一般研究演題

口演26題、ポスター7題と、盛りだくさんになっています。

香粧品にとって重要な色をはじめ、様々なテーマについて新しい香粧品を生み出すための議論の場を提供できればと考えております。
多くの方と会場にて意見交換ができることを楽しみに、お待ち申し上げます。

2016年6月9日(木):1日目

9:30~
開会挨拶 会頭: 五十嵐敦之(NTT東日本関東病院)
9:35~
会頭講演「皮膚科学と色との関わり」
10:05~
一般研究演題(Ⅰ) 3題(発表8分,質疑4分)
10:45~
一般研究演題(Ⅱ) 4題(発表8分,質疑4分)
11:35~
昼休み(125分)
12:40~13:40
ポスターセッション1
在席責任時間(12:40~13:40)
13:45~
挨拶 理事長:川島 眞(東京女子医大)
13:55~
一般研究演題(Ⅲ) 3題(発表8分,質疑4分)
14:35~15:25
一般研究演題(IV) 4題(発表8分,質疑4分)
15:25~15:40
休憩(15分)
15:40~16:30
一般研究演題(V) 4題(発表8分,質疑4分)
16:30~17:20
特別講演「色関係の錯視について」
北岡明佳(立命館大)
17:20~
ご案内
18:00~
懇親会

2016年6月10日(金):2日目

9:30~
総会
10:00~
第7回優秀論文賞授賞式・受賞講演
10:15~11:05
一般研究演題(VI) 4題(発表8分,質疑4分)
11:05~11:55
一般研究演題(VII) 4題(発表8分,質疑4分)
11:55~
昼休み(120分)
12:55~13:55
ポスターセッション2
在席責任時間(12:55~13:55)
14:00~14:50
特別講演「色彩と色覚メカニズム」
内川恵二(東京工業大院・総合理工)
14:50~15:05
休憩(15分)
15:05~17:05
シンポジウム テーマ「肌、顔の見え方を科学する」
  1. 肌色の見えから顔色の見えへの昇華
    棟方明博
  2. 顔検出技術 -写真分野での技術構築と化粧品研究分野での展開可能性-
    磴 秀康(富士フイルムビジネスエキスパート)
  3. 波長制御技術による肌の色を好ましく見せるLED照明器具の開発
    岩井 彌(パナソニック)
  4. ファンデーション塗布顔画像からのテカリ領域検出法
    大槻理恵(花王)
  5. 総合討論
    棟方明博,磴 秀康,岩井 彌,大槻理恵
17:05~
閉会挨拶 次期会頭:西村哲治(帝京平成大)
準備整い次第、こちらに掲載致します。

第42回日本香粧品学会

会頭:
西村哲治(帝京平成大学)